Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星のさみだれ完結記念。

2010/11/30 Tue

どうしてもこれだけはやっておきたかったので。

本日発売の10巻にて、『惑星のさみだれ』、完結です!!

CA3F0233_convert_20101130231511.jpg


そうか…もう終わっちゃうのか…(泣
水上作品は短編集も合わせて全部購入してますが、さみだれが最長になるのかな。

とにかく全編通して面白かった。


簡単に言えば、


ある日喋るトカゲに出会った主人公が、地球を救う協力を依頼される。
『トカゲを含めた12匹の動物を従えた・騎士+それを統べる姫』VS『泥人形を操る魔法使い』の戦い。
しかしこの戦いの中、地球を守るサイドの姫にはとある野望があった。
姫に惚れこんだ主人公は、その野望に協力することを決意するが…。


ってな話。


シビアな展開、熱いセリフ、壮絶なバトル、感動のシーン…。
ここまでの作品は久々です。
最近の作品なら間違いなくトップクラスでしょう。

と言いきっちゃいましたが。


ここから先は10巻の感想です。
ネタバレ嫌な人は止まりましょう(笑


ちなみに興味のある方は1巻ラストの願い事のシーンまで読んでみて☆
それで面白ければ10巻まで一気ですよ!!

惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
(2010/11/30)
水上 悟志

商品詳細を見る

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 感想 漫画 惑星のさみだれ

ロボットは男の子の夢!ロマン!  ロボット漫画紹介

2010/10/14 Thu

漫画紹介です。

今回は秋クールに久々にロボットアニメが復活ということで、漫画の方も押さえておこうと。


ということで今回のテーマは『ロボット漫画』です。
ロボットはいつまでたっても男の子の夢!少年の憧れ!SFロマン!

みなさんが知ってるような作品(ドラえもんとか)はスルーでいきます。


あくまで「こんな作品もあるんだ!」って感じでやりたいと思いますんでー。
とりあえず10作品。

以下に各作品の主役ロボの名前をヒントに。
どれだけわかるかな?

・デルフィング
・イングラム
・モンジュ
・ラインバレル
・アルファ
・主役なし、総称:ヴァンツァー
・クロスボーンガンダム
・ニルヴァーシュ
・モリビト2号
・ジアース



丸わかりがチラホラあるぞ(笑

では張りきってどうぞ。

続きを読む

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : 感想 漫画 日記

未開の土地に原石あり マイナースポーツ漫画紹介

2010/08/26 Thu

久々に漫画紹介。

今回は企画モノ。
その企画とは…『マイナースポーツ漫画』です。

野球、サッカー、テニス、バスケetc…
みなさんが良く知ってる漫画におけるメジャースポーツの数々。

そんな中、漫画の題材としてあまり掘り下げられていないスポーツの作品の紹介です。

しかしこうゆう題材の漫画は得てして①熱血路線②ギャグ・萌え路線に走りがちですね。
そこも面白いところだと思いますが。

さて先にジャンルだけ挙げておきますか。
どれだけの作品を俺と被せられるでしょうか?(笑


・アイスホッケー
・ラクロス
・ビーチバレー
・修斗
・合気道
・ソフトテニス
・競馬
・弓道
・駅伝
・競輪


以下続く

続きを読む

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 感想 日記 漫画

伝えなければいけないもの、知らなければならないもの 漫画『夕凪の街 桜の国』

2010/08/08 Sun

この季節になると色々とありますが、その中でも真剣に考えなければならないこともあります。

そのひとつが原爆投下という過去の事実。
8/6に広島へ、8/9に長崎へ、そして8/15に終戦。

戦争による唯一の被爆国である日本。
核兵器のあり方が問われる昨今、私たちはもう一度この問題に向き合う必要があるのではないでしょうか。

それは原爆被害者だけでなく、その関係者だけでなく、老若男女問わず多くの人間が考えるものかと。
思考の放棄は権利の放棄、さらには自分自身の放棄に繋がると思いますから。

しかし戦争体験のない世代として私たち若者が扱われる中、どうやってその事実を知り、感じればいいのか。
このブログらしく、そして誰もが知りやすい媒体ということで、ある漫画を取り上げます。


『夕凪の街 桜の国』


こうの史代さんによる短編漫画です。

終戦から10年後を舞台にした『夕凪の街』
そして被爆2世の視点を子どもと・大人の二つ時期でとらえた『桜の国』

この作品の最大の特徴は「戦後の生活に焦点を当てたところ」ですかね。
普通戦争を題材に挙げる作品は、戦争当時ですとか、まさに8/6や8/9の日のことをやりますが、この作品は後日の話。
回想などで数ページ『その日』の光景が出てくるぐらいです。

戦後の日本、しかも時間も経過している中、それでもな重々しい爪痕を残し続ける過去。
そんな中でも人は懸命に、人並みの幸せを求めて生きていく。

1部の『夕凪の街』では主人公の平野皆実の残酷な現実がずしっときますね。


2部の『桜の国』は被爆2世の石川七波を主人公に据えて、戦争を知らない世代における戦争の爪痕を描きます。

戦争が終わって、過去のことになってもその事実は消えない。
2世ということで抱える苦悩もあります。


と、重々しい話もしましたが、前述した通り基本的にこの作品は「それでも生きること」を中心にしてます。
決して悲しいことだけではなく、精一杯幸せを求めて生きていく。
そんな人間が持つ普遍の力を全面に押し出した作品でもあります。


媒体が媒体だけに、誰でも手に取りやすく、それでいて深く心に響く作品。
戦争という問題に誰もが急に正面から向き合うことはそれこそ難しい。
だからこそ、僕らのような若い世代が戦争という問題に向き合おうとする際、こうゆう作品が大きな意味を持つのではないでしょうか。




この作品にはいつもやってる評価付けはしません。
こうゆう作品は読み手がどう捉えるかを、そうゆう先入観で邪魔したくないですから。

ただ、誰もが一度は読んで欲しい作品とは言えます。
文庫も出ており手に取りやすいかと。
映画化もされてますので、そちらも是非。


夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)
(2008/04/10)
こうの 史代

商品詳細を見る




ちなみに同作者で戦争を題材にした『この世界の片隅に』という作品もあります。
戦時中の広島・呉の田舎を舞台にした作品で、戦時中の日常がメインとなってます。

日常が長い分、心理描写がしっかりしていてこれまた深く考えさせられます。
こちらも興味があれば是非。

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)
(2008/07/11)
こうの 史代

商品詳細を見る

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 日記 漫画

スローライフ系  漫画『ばらかもん』

2010/05/18 Tue

漫画紹介です。
前々から書こうと思っていた漫画『ばらかもん』です。
ガンガンオンラインで連載中。

「ばらかもん」というのは長崎の五島という地域の方言で「元気もの」というらしいです。


簡単な説明。

書道家である半田清舟は、書道パーティでのいざこざをきっかけにとある西端の島での生活をすることに。
慣れない田舎暮らしの中で、都会にはないスローライフな人々の交流を深める。

島の子供たちとの生活の中で、頑な半田の人柄にも変化が…。
そんなハートヒートアイランドコメディ
(←本当にそうプッシュしてる)


雰囲気としては有名どころで言えば「よつばと」に近い気がします。
そんでコメディっぷりは「荒川アンダーザブリッジ」から電波分を抜いた感じ(どんな)。

普通にギャグが面白い漫画です。
なかなかやるな…


あとこの作品の最大の特徴は何と言っても島でのスローライフ感ですね。

古い田舎の風習だったり、人間関係だったり。
特に2巻のラストのすっかり島に馴染んだあとの半田家の絵は非常にステキです。


登場人物も個性的でいい感じ。

中でも作品の牽引役ともいえる、島の子供・なるのキャラが楽しい。
ちょっと成長したよつばみたいな感じの子供。
引き合いにすぐよつばとが出てくるな…


笑えて、感動して、優しい気持ちになれる。
そんな漫画です。
絵柄もそんなに抵抗のある感じでなく読みやすいです。

興味のある方は是非。


お気に入りキャラ:教頭 →ダメ大人に見えてやっぱダメ大人。でもたまにいいこと言う。

ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)
(2009/07/22)
ヨシノ サツキ

商品詳細を見る

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : 漫画 日記 感想

熱血×青春×空手  漫画『ハンザスカイ』

2010/05/11 Tue

漫画購入日記で書こうと思ったけど、面白かったので紹介へ。

佐渡川準先生の新作『ハンザスカイ』です。
今週1巻が発売されたみたいです。

内容はというと

中学の時、あまりのケンカの強さに「佐田中の血龍(ブラッディドラゴン)」と呼ばれ、恐れられた半座龍之介。
彼の野望は「普通の恋をすること」だが、その野望も知れ渡った中学の頃の噂が邪魔をする。
そんな中出会った空手少女・藤木穂波に完敗を喫す半座。

その時、半座は探し求めていた一輪の花を見つけるのだった―


という感じ。

簡単にいうと「空手版スラムダンク」みたいな始まりです(笑
一目ぼれ理由で空手を始めてみるところとか。
きっとこの後空手にのめり込んでいくに違いない。

但し、ハンザスカイは今んとこ最強がヒロインという状態。

女強し!の展開は佐渡川作品の基本ですねー。
しかし今までのヒロインの中では一番まともっぽい。

いいじゃないの。


なんというか、前作のパニッシャーが「この人がファンタジー描くんかっ!!」というサプライズだったので、今作のが作風にあってるように思います。
経験のある分野ということなので尚更かも。


激しいアクションだけでなく、空手道よろしく礼節を重んじるみたいな話もあり、非常に興味深い一面も。

スポーツモノということで、今後の展開も期待できそうです。
大会編とか特訓編とか。

あとはラブコメ(?)の部分をどうゆう風に持ってくるのかですね。
ヒロイン最強ってことはその最強を超えないといかんですからねー。


いやいや、長く続けばかなりいいとこまで行くと思いますこの作品。
今ンとこ番場先輩が一番漢前。
顔が高校生じゃないけど(笑


青春で熱血なスポーツものが読みたい方は是非。

ハンザスカイ 1 (少年チャンピオン・コミックス)ハンザスカイ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/05/07)
佐渡川 準

商品詳細を見る

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : 感想 漫画 ハンザスカイ

風呂は好きか?  漫画『テルマエ・ロマエ』

2010/03/31 Wed

漫画紹介、今回はマンガ大賞2010受賞作品の「テルマエ・ロマエ」です。

簡単に言うと、

古代ローマ人がことあるごとに現代(近代)日本へタイムスリップ。
そこで日本の風呂・文化に触れ、その知識をローマでの風呂づくりに活かすというギャグ漫画です。

ギャグといっても日本の風呂・文化に衝撃を受けるローマ人・ルシウスのリアクションメインですが(笑

一々驚くリアクションがいいな。
ビールを初めて飲んだ時の「…きゅーっときた!!」がツボった。


しかしこの漫画、なんといっても風呂への知識量がはんぱないです。
それでいてそれを初見する人物という媒体を通すので、専門的になりすぎず嫌味じゃないです。

作者の風呂好きが功を奏してます。

絵も上手いので、大賞受賞作品としては申し分ないと思いますねぇ。



作品としても題材としても非常に面白いですが、心配なところを上げるとすれば「いつまでネタが続くのか」というとこですね。

こうゆうインパクト重視系は、ズルズルと延ばすと結果として作品そのものの評価を下げがちですからね。
どこぞのデスメタル漫画のように…

3,4巻ぐらいで終わらすのがベターかと。
まー、連載がビームなんでその辺は大丈夫だと思いますが。


読んで損はないどころか、是非読んで欲しい1冊ですね。

ちなみにテルマエ・ロマエとは「ローマの浴場」の意味らしいです。
勉強になるなぁ。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 感想 漫画

ある意味革新的ラブコメ  漫画『タッコク!!!』

2010/03/20 Sat

友人が来るまで微妙に時間あるので、久々のオススメ漫画紹介でも。

今回は『タッコク!!!』と言う漫画です。

作者は福地翼。
昔サンデーで『うえきの法則』描いてた人ですね。


で、この漫画ですが何が凄いかというと設定が凄い。
その設定がタイトルにもなってる「卓球告白法」なるもの(笑

なんと『告白をするには卓球により勝利をしなければならない、その勝利には絶対強制条件付き』というとんでもルール。

要は卓球が強ければ恋愛に絶対有利ってわけです。
なんちゅー無茶苦茶な話。


さらには作者の特徴である変わった設定のバトル方式を取り入れて、なんだかすごいことに。
スピンによる高熱はまだしも、帯電体質による電気ショットはねーよ(汗

キャプ翼もびっくりの必殺技のオンパレード。



という設定を土台にして、要は100%結ばれるハズの男女がタッコクのおかげでてんやわんやする話です。

非常にハイテンションなノリなので、コメの方が強いですが。


なんか敵っぽいのもいて、話も広がりそうなのでバトル方面も期待してもいいんじゃないかと。

まだ2巻ですが、続けば面白くなりそうな感じ。
タッコクそっちのけで世界大会編とか行きそうですが。


ちなみに俺のお気に入りキャラは”道頓堀のイフリート”こと堂島ヒカリですね。
ラブコメには必ずいる「主人公に好意を抱く報われないポジション」キャラです(酷

是非3巻の表紙は堂島で頼む!!

タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス)タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/09/17)
福地 翼

商品詳細を見る

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 漫画 感想

せ、切ねぇ… 漫画『とある飛行士への追憶』

2010/01/13 Wed

漫画ネタ2連チャンです。
ゲッサンのコミックスも多くなり始めた今日この頃。

久々に「インスピ買い」しました。
※「インスピ買い」=直感で面白そうなものを買ってみる。

それが結構俺の中でヒットしたので。
タイトルはとある飛空士への追憶です。
『とある』とありますが、別に禁書目録や超電磁砲とかではないのであしからず(苦笑)


ちなみに原作はライトノベルだそうです。
原作の絵柄より俺はコミックス版の方が好き。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 感想 漫画 とある飛空士への追憶

宇宙を目指す少年少女物語 『ふたつのスピカ』

2009/11/26 Thu

少し遅くなりましたが、完結記念ということで。

漫画ふたつのスピカの紹介です。

コミックフラッパーで連載された、全16巻の作品。
作者は柳沼行さん。

この作品が初連載だとか。

アニメ化・ドラマ化もされ、何気に多面展開されてます。
しかもどっちもNHKとかすげー。


宇宙を目指す少年少女の切なくも感動のお話です。


以下ネタバレありです
ふたつのスピカ 16 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 16 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2009/10/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 感想 漫画 ふたつのスピカ

カウンター
見てくださって、ありがとうございます♪
プロフィール

リョーチ

Author:リョーチ
愛知在住の社会人。
そして隠れオタク。

インドア、アウトドアどっちもござれ(本人談)

好きなものはメカと中日、そして漫画。
漫画は人生の友。

ここではオタクを出してます(笑)

休止状態から復帰しました。
今後ともよろしくお願いします!


基本的にリンクフリーです。
コメント、TBなど大歓迎ッス!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
リンクを結ばせてもらってます。いつもお世話になっております。
ブロとも一覧
ブロとものみなさんです。いつもお世話になっております!

特に面白い訳ではないブログ◇◆

大河内の缶詰

徒然なるままにオタクる?

オタ月オタ日

Subaru Crazy Days

WandeR:Automata [クロスカブで日本一周中]
ブロとも申請フォーム
気軽にどうぞ☆

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。