Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俺は今、笑いたい。 笑いたいんだ。」 『無限のリヴァイアス』

2010/09/02 Thu

予告通りやります。
前回のアニメ紹介とは間逆とも言える、鬱系作品の紹介。

無限のリヴァイアスです。
知ってる人は「これだな」って予想できてたと思います(笑

これも1999年作品ですね。
ダイ・ガードといい1999年はいい作品がそろってるなぁ。

簡単に説明すると、SF版十五少年漂流記をかなりシリアスな環境下で行った作品です。

閉鎖された環境に身を置く少年少女たち。
大人がいない=秩序のない環境で、どのようなことが起こるのか。

宇宙を漂流する戦艦・黒のリヴァイアスを舞台にした青春偶像劇。


それなりに知名度があるのは、ショッキングな展開が一部で有名だからでしょうか。
それ抜きでも、よくできた作品だと思います。

こちらは、シビアな内容ながら中高生向きなのかな?


以下続く

EMOTION the Best 無限のリヴァイアス DVD-BOXEMOTION the Best 無限のリヴァイアス DVD-BOX
(2009/11/25)
白鳥 哲保志総一朗

商品詳細を見る
今回も詳しい簡単なあらすじ。


未来の世界。
太陽フレアによって出現したプラズマ雲「ゲドゥルトの海」が宇宙の半分を埋め尽くす。
地球はちょうど南半球がこのゲドゥルトの海に飲み込まれてしまい多くの人命が失われた。

それから長い年月が経ったある日、宇宙にある航宙士養成所リーベ・デルタで事件が発生。
その事件の最中、リーベ・デルタに隠された戦艦・黒のリヴァイアスが起動する。

このリヴァイアスに逃れることができたのは少年少女のみ。
大人のいない環境下、なぜか自分たちを助けてくれるハズの大人たちから攻撃を受ける少年少女。

当てのない逃避行の最中、艦内では様々な人間模様が繰り広げられ、混迷を極めていく。
そんな状況下を、主人公である相葉昴治はどう見つめていくのか…。


そんな話。
俺としては「生きていくための強さ」を描いた作品かなと思ったり。

秩序の無くなった世界で、奪い、だまし、傷つけあう。
そんな世界で『自分らしく』生きていくための強さとは。

保護される筈の「子供」が衝突を繰り返し自分たちの力で立ち上がれるようになるまでの過程を描く。
途中は確かに陰惨なシーンが多いですが、全ては最終回のためにある、そんな作品です。




さて、この作品の肝は何といても、青春(陰惨)群像劇ですね。
主人公の相葉昴治以外にも、弟の祐希、ルームメイトのイクミ、幼馴染のあおい、あおいの親友のこずえ、謎の少女ネーヤあたりがメイン。
で、ツヴァイメンバー、チーム・ブルー、メインキャラの関係者etc…。
名前のついてるキャラは相当数います。

OPに一応キャラ群紹介があるのですが、いきなり多すぎだよ…。

そして上述で、陰惨陰惨言ってますが、これがこの作品の最大の特徴。
とにかく暗い!

リヴァイアスという閉鎖空間内では食料の奪い合いや、権力争い、暴力の台等など様々な問題が。

ツヴァイと呼ばれるエリート達による統治 → 不良集団チーム・ブルーによる力の支配 → ツヴァイの良心(笑)による弱々しい統治 → イクミくんによる暴走

というように政権(?)が移っていきます。
まーどこでも混迷を極めるわけですが。

中でも衝撃的なのは中盤においてあるメインキャラ(反転:こずえ)が暴行を受けるシーンがあります。

まー、直接描写じゃないんですが、その後余裕で分かっちゃいますね。
シャワー室はいかんよ…。



またこの作品、主人公が例を見ないほど平凡(しかしそれ故に人づきあいは上手い)なんですが、彼の成長っぷりがこの作品の見どころではあります。
陰惨な艦内において、唯一『普通』でありつづけた男。
最後の緊張の中、「俺は今、笑いたい。 笑いたいんだ。」と言ってのけた彼に拍手。

ちなみに秩序の崩壊した終盤の艦内での、昴治とあおいの涙シーンはこの作中で1,2を争う名シーンだと思う。



もうひとつのこの作品の魅力はSF設定にあります。
リヴァイアスはヴァイア艦と呼ばれる、特殊な機能とある秘密を抱えた戦艦の1隻。
その特殊な機能により起動するヴァイア艦最大の兵器『ヴァイタル・ガーター』。

このリヴァイアスに搭載されたヴァイタル・ガーター「アインヴァルト」がマジカッコイイ。
重力と主砲でもあるバルジキャノンを操る人型ということで、余裕でスパロボにも出れそうです。

ワイヤー+プログラム操作なので、起動に相当の人数が必要ですが。
スパロボなら精神コマンドが数十人分ぐらいつくかも…(汗


この秘密がリヴァイアスが大人に狙われる原因ともなる訳ですが。
ちなみにこの秘密に謎の少女ネーヤが強く関わります。

この時期ブームの謎美少女ってやつですね。
ネーヤ可愛いよネーヤ(笑

これらの秘密が明かされていくのも、この作品の見どころの一つではあります。
あと核心ですが→ヴァイア艦の使命は来るべき第2の太陽フレアに対して、人類を太陽系から脱出させるというもの。最終回のカットは数千年後のその脱出シーンらしいです。


この作品の評価ですが、リョーチ的には100点満点中90点です。
ただの鬱ではなく、そこにはきちんとした思惑や思想、苦悩や足掻きが存在する。
そんな状況を経過することで、少年少女は成長するのはいつでも同じです。

欠点は設定が難解なので、説明フォローが少ないこと。
あと、鬱はやっぱり鬱なのでそこに耐性があるかどうかも問題かも。

それでも少年少女主観のドラマとして完成度の高いのも確か。
この作品はそんな青春偶像の最中にいる人に観てほしい作品ですね。



最後に、ここまで引っ張ってきましたが、この作品の最終回は神です。
この高評価は最終回ありきと言っても過言ではないッス(笑

丸々1話を使ってのエピローグなんですが、ここまでの鬱展開を一気に昇華させる内容になってます。
かといって都合主義ではないところもまた素晴らしい。

途中で投げることなく、この最終回を観てこそこの作品の素晴らしさが伝わるもんだと思いますね☆


お気に入りキャラ:相葉昴治
ここまで主人公らしくないのに、主人公を見事演じ切ったキャラもそうそういないだろ。
そんなわけで主役なのに俺の脇役センサーに引っ掛かった人物でもある(笑
スポンサーサイト

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 感想 アニメ 無限のリヴァイアス

コメント

Secret

リヴァキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

(・ω・´)こんばんは~リョーチさん、りゅんかーだお。


リヴァイアスキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
欝アニメって言うから結構ひねるのかなぁと思いきや
思いっきりストレートに少し驚いてしまいましたw
確かに1999年はいい作品が多いですなぁ。
一番パッと頭の中で出てくるのはビッグオーとGTOですけどねw
ああ、あとはデュアルやデジモンもそうですねw

さて、本題に戻って・・・
実を言うとリヴァイアス見てないんですよ。
周りからの評価がものすごく高いのはわかるんですけどね
昔から子供中心の欝作品や暗い作品は偶然触ったかそれともよほど食指が動かない限りあまり自分からは触らないんですよね。子供が死んだりいなくなったりするのが本当に苦手なんで... orz
ただ、正直に言いますと
リョーチさんの紹介でものすごく興味が沸きました。
安易な言葉なんですけどねw

見終わって思わずウィキペディアでもう少し詳細を検索してしまうほど・・・魅力が伝わりました。
やはり決め手は最後が今までの憂鬱な空気を吹き飛ばすほどいい終わり方という紹介でしょうかねwそういうの大好きなんですよ、映画で言うと「ショーシャンクの空」に的な

(・ω・´)とりあえずノエインとダイガードを今見ているので、終わり次第ちょっと当たってみようかと思います。欝作品かぁ、あまり出会った事はないですが・・・あえてあげるならファフナーあたりでしょうかね?
(-ω-´)んじゃ、長文失礼しました、ノシノシ

じゃね~♪

Re: リヴァキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

>りゅんかーさん

こんばんわです☆
リヴァイアスですよ~。
1999年はいい作品多いですね~。

と言ってもリアルタイムで観てたのってGTOぐらいのもんですが(汗


この記事でリヴァイアスに興味を持っていただけたのであれば、こんなに嬉しいことは無いです☆
最終回が神といいましたが、決して鬱の逆を行ってるわけではないです。
きちんとしたキャラの成長を感じながら、落ち着いた、爽やかな雰囲気で送る、そんな感じです。

俺は至高だと思ってますよ!!


ノエインとダイガード視聴中ですか♪
ダイガードはもとより、ノエインも相当好きです。
でもあれも意外と暗い展開多いですよね…。

ファフナー…これまた代表的鬱ロボアニメの名前が(汗
それにするかも迷いましたがー。


またりゅんかーさんの感想も期待してます☆

ではでは~!!
カウンター
見てくださって、ありがとうございます♪
プロフィール

リョーチ

Author:リョーチ
愛知在住の社会人。
そして隠れオタク。

インドア、アウトドアどっちもござれ(本人談)

好きなものはメカと中日、そして漫画。
漫画は人生の友。

ここではオタクを出してます(笑)

休止状態から復帰しました。
今後ともよろしくお願いします!


基本的にリンクフリーです。
コメント、TBなど大歓迎ッス!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
リンクを結ばせてもらってます。いつもお世話になっております。
ブロとも一覧
ブロとものみなさんです。いつもお世話になっております!

特に面白い訳ではないブログ◇◆

大河内の缶詰

徒然なるままにオタクる?

オタ月オタ日

Subaru Crazy Days

WandeR:Automata [クロスカブで日本一周中]
ブロとも申請フォーム
気軽にどうぞ☆

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。