Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつのスピカ 第6話『宇宙で弾くピアノ』

2009/07/27 Mon

ふたつのスピカ感想です。

物語もいよいよ佳境に。

やはりこうゆうシーンは泣けてきてしまう…。


前回倒れた秋。

彼には想像以上に残酷な現実が待ち受けているのでした。

そしてその影響は仲間にも波及し。

うわー、見てられん(泣)


world world worldworld world world
(2009/08/05)
ORANGE RANGEソイソース

商品詳細を見る





何故手が届きそうなものほど、手が届かないのだろう…

ということで、ついにこの展開が。

鈴木秋は誰よりも先に宇宙に行ってしまいました。

原作でも相当ショックだったこの展開。
唐突な別れ。

この秋の死をアスミ達がどう受け止めるかですね。




前回のラストに倒れた秋。
その病気で、秋の体は宇宙での生活に耐えられるものではなくなってしまいました。

そのため繰り上げ当選のカタチで、NASA留学の決まるアスミ。

ケイちゃんとの間に歪がぁ(汗)


それにしてもお見舞いシーン。

やはり男の差し入れといえばグラビアエロ本だよな!
ふっちーいい奴(笑)

しかし8時台のドラマに堂々とエロ本登場
NHKなのに(汗)



秋は薄々感づいていたんでしょうね。
自分の体のこと、NASA留学のこと…。

だからこそ妹に言った、

「夢を実現させるための一番の近道は、同じ夢を持つ友達を作ること」

という台詞が重みを増します。


友情パワーですね。

病室でのプラネタリウムのシーンは感動ものです。
自分も病気なのに、仲間のことも気遣いやがって…。
秋は男前だなぁ。


しかし、秋の容体は急変。

そのまま帰らぬ人になってしまいます。
葬儀の際の「ねこふんじゃった」はちょっと複雑。

『ここで弾くの?!アスミ達の前だけでよくね?』って思っちゃう俺はひねくれ人間。


秋の死に悲しみにくれ、動揺するアスミ達。
そんな中道を示すのは、やはり佐野先生。

夢を引き継ぐこと―

超新星爆発になぞらえたこの話は佐野語録の中でも2番目にいい話ですね。
1番はもちろん4話のアレ



このあとのゴルゴ先生のマラソン提案はよかった。
ギャグキャラ卒業。

そして走るみんな、ケイちゃんの泣き声が響いてこっちまで涙腺がやばいわ。


しかしその裏で…。

大人ってやつはぁぁぁぁぁぁぁぁー!!!!!(怒)


次回、最終回!!

宇宙の化身となったアスミ。
仲間という存在の意味は?

どうやって終わらせるのか?

とりあえず、あの大人たちにひと泡吹かせてやってほしいなぁ。

そのくらい腹立つ(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : 感想 ドラマ ふたつのスピカ

コメント

Secret

カウンター
見てくださって、ありがとうございます♪
プロフィール

リョーチ

Author:リョーチ
愛知在住の社会人。
そして隠れオタク。

インドア、アウトドアどっちもござれ(本人談)

好きなものはメカと中日、そして漫画。
漫画は人生の友。

ここではオタクを出してます(笑)

休止状態から復帰しました。
今後ともよろしくお願いします!


基本的にリンクフリーです。
コメント、TBなど大歓迎ッス!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
リンクを結ばせてもらってます。いつもお世話になっております。
ブロとも一覧
ブロとものみなさんです。いつもお世話になっております!

特に面白い訳ではないブログ◇◆

大河内の缶詰

徒然なるままにオタクる?

オタ月オタ日

Subaru Crazy Days

ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]
ブロとも申請フォーム
気軽にどうぞ☆

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。