Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年『裏』総括

2009/12/31 Thu

それでは総括第2部、2009年『裏』総括でもやります。

むしろこっちの方がこのブログには合ってるのかもしれんですね(汗)
まー、そこはブログ名から察してやってください。

それではこちらもランキング形式で。

10位:涼宮ハルヒの憂鬱2期でまさかのエンドレスエイト事件

かつてアニメ界を一世風靡した『涼宮ハルヒの憂鬱』の2期において、同じ内容(アングルは別)を8回に渡って放送する通称「エンドレスエイト事件」が発生。
これについては各所で批判の声が相次ぎましたね。
さすがに調子に乗りすぎだと俺も思いました。
これから映画(続編)がやるそうですが、そっちはエンドレスではなさそうですね(苦笑)


9位:漫画、惑星のさみだれ・戦国妖狐、同時発売でどちらも超展開

俺の好きな水上悟志の作品が同時発売しました。
惑星のさみだれは終盤に差し掛かり物語の秘密が明かされ、戦国妖狐ではまさかの人物の退場劇です。
どっちも超展開すぎてめっちゃ面白かったです。
惑星のさみだれはもっと有名になってもいいと思うんだけどなー。


8位:ワンピースが超展開だが、まだ物語の半分と判明

ワンピースがエース救出編に突入してから面白すぎます。
かつての敵の再登場とか燃えますよ。
しかし尾田さんのインタビューによればまだ半分とのこと。
…それはあの0巻発言に連動してるってことでいいのか尾田さん!!


7位:とらドラを視聴し、最近の萌えアニメを再評価

ライトノベル作品とは思えない雰囲気のアニメで、俺としては後半のシリアスっぷりと、竜児と大河のやりとりが最高でした。
恋愛系のアニメを観るのはハチクロ以来かな。
こうゆう風にちゃんと話をやってくれる萌えアニメもあるのかと、見直すきっかけになりましたね。
しかし、とらドラ以外にそうゆう作品に出会えない罠(笑)


6位:ガンダム00セカンドシーズンが終了→劇場版へ

ガンダム00はファーストシーズン>>>>>>>>>>セカンドシーズンという評価。
物議をかもしだしつつも成功といってよい出来のファーストシーズンからあのしょっぱいセカンドシーズンができるとは…。
完全に寄り道しすぎて良くわかんない感じになってましたね。

そんなガンダム00も劇場版の公開が近付いてます。
沙慈・ルイスの扱いが非常に気になるところ。



5位:漫画の蔵書数がついに5000冊を突破

俺の持つ漫画の蔵書量がとんでもないことになりつつあります。
野望(定年退職後、自力で漫画喫茶を開く)に1歩前進ですけどね。
ちなみに記念すべき5000冊目の作品は弱虫ペダルでした。

古本屋に寄るとついついなんか買ってしまいますね。
次は10000目指してがんばります(汗)



4位:ファイナルファンタジー13発売

PS3普及の起爆剤となるのか、ファイナルファンタジーシリーズの最新作の登場です。
まだストーリーは途中ですが…(汗)
本当に映像はきれいです、買っててよかった40型テレビ。

しかしほとんど1本道なのはRPGとしてどうかと…(かなり先で一気に世界が広がるそうですが)。
あ、戦闘はなかなか面白いです、スリリングで(汗)



3位:今年一番面白かった漫画は「GIANT KILLING」

3位なのに今年一番面白かった漫画って…(苦笑)
俺的に今年一番面白い!と思った漫画は「GIANT KILLING」です。
今年だと9巻~12巻までですかね、世良が好き。
今までにないタイプのサッカー漫画だし、これからもっと有名になる気がします。

特にただのサッカー漫画ではなく、読んでいて『頑張ろう』というやる気が沸くんですねー。
そうゆう気分にさせてくれる作品ってのは貴重だと思うんですよ。
ただ面白いだけじゃない、一押しの作品なので是非多くの人に読んでほしいですね。


2位:「禁書目録」、「超電磁砲」と、『とある~シリーズ』にはまる


今、勢いあるアニメ作品といえばこのとある~シリーズ(「とある魔術の禁書目録」、「とある科学の超電磁砲」)ではないでしょうか。
ライトノベル作品ということで基本は厨二的な設定(笑)ですが、その飛び抜けっぷり、中でも「まずはそのふざけた幻想をぶち壊す!」のセリフでおなじみ上条当麻がハンパないです。
肝心のストーリーは良くも悪くもキャラクター性重視で、そのキャラが好きになれればその話は面白い、そうでなければ…って感じ(汗)
俺は上条さんを始め、一方通行御坂妹とお気に入りキャラが多いので楽しめてます。

現在は本編の禁書目録のスピンオフである超電磁砲が放送中。
こっちは若干オタクを狙いすぎな感もありますが、面白いです。
このシリーズを紹介してくれた友達には感謝だなぁ。


1位:ヱヴァンゲリオン新劇場版:破が公開

そして今年の一番はやはりこれしかないでしょう!、新劇場版第2部、『ヱヴァンゲリオン新劇場版:破』の公開です。
1部の『序』がまだ旧作ラインに乗っていたのに対し、この2部はもう完全に別物になってます。
旧作のような哲学的な部分はできるだけそぎ落とし、代わりにエンターテイメント性を高めたという感じか。
旧作世代も新作世代も楽しめる内容だったかなーと。

終盤ではザ・ビースト、熱血シンジの登場、カヲル君降臨等超ド級展開でした。
映画館で久々手に汗握る展開だった。
それゆえにあのアスカへの仕打ちは、アスカファンの俺の心をえぐったけどな!(泣)

まさに今年はヱヴァが注目の的であったといっても過言じゃないかと。
次の『Q』の公開が楽しみでしかたないです。



以上2009年裏総括でした。
2009年はロボットアニメが不作で、その代わり(?)色んなタイプの作品を観てみました。
色々新しい発見もあって楽しかったです。

あと、映画化がかなり多い気がします。
利益がいいのかわからんですが、やっぱりテレビ作品でやってほしいと思う今日この頃。

漫画もちゃくちゃくと集まってるし、そろそろ過去の大作系もそろえないとだなー。

魂スペックXS-13  エヴァンゲリオン初号機 <新劇場版:破~覚醒Ver.~>魂スペックXS-13 エヴァンゲリオン初号機 <新劇場版:破~覚醒Ver.~>
(2009/12/26)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 日記 2009 まとめ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009年を総括する

2009年は日本の没落が明確になった一年だとおもいます。人口減少による市場の縮小、中国の躍進で、「ガラパゴス」とまでいわれる独自性をほこった日本の経済は独自で経済活動をおこなうことが困難になってきました。これからは否応がなしに世界標準と歩調をあわせざるをえ...

コメント

Secret

カウンター
見てくださって、ありがとうございます♪
プロフィール

リョーチ

Author:リョーチ
愛知在住の社会人。
そして隠れオタク。

インドア、アウトドアどっちもござれ(本人談)

好きなものはメカと中日、そして漫画。
漫画は人生の友。

ここではオタクを出してます(笑)

休止状態から復帰しました。
今後ともよろしくお願いします!


基本的にリンクフリーです。
コメント、TBなど大歓迎ッス!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
リンクを結ばせてもらってます。いつもお世話になっております。
ブロとも一覧
ブロとものみなさんです。いつもお世話になっております!

特に面白い訳ではないブログ◇◆

大河内の缶詰

徒然なるままにオタクる?

オタ月オタ日

Subaru Crazy Days

ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]
ブロとも申請フォーム
気軽にどうぞ☆

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。